ブロック法と空気遠近法

何かある立体物の形を作り出す時は、まず全体の外形を塊として描いてみる。するとその塊が想像力を刺激して、追加の要素がはっきりと頭の中に浮かんでくる。そのイメージをもとに、塊を切り出してゆくという流れ。

風景に奥行きを追加するために、空気遠近法が有効であるから、これから勉強してゆきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です