感覚で描くということ

相変わらず同じ絵をrefinementし続けている。

細かい部分に拘泥するのではなく、本質を捉えて大きく描くのが大切。再現するより、モチーフを再解釈するという方が良い。

で、改善を続けていくのはいいのだけれど、それではこの絵が魅力のある絵かどうかと冷静になって見てみると全然そんなことはなくて、それじゃあ魅力をこの絵に生み出すためにはどうすればいいのかという問題が出てくる。

他の人が描いた魅力のある絵を研究する必要がありそうだ。

 

あと、今後、自分の成長というか軌跡、変遷が一眼で解るように工夫をしたいと考えている。自分の絵を時系列順に並べたりする方が、自分にとっても、このブログを見る人にとっても分かり易いし面白いと思うので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です