胴は多段式であることに注意する

三次元的な物体を描くためのコツ。

  • 直感というソフトウェアをうまく使うことを考える。
  • 好きな線を一筆で描く。好きな線を見つけることがまず必要。
  • 手がかりを見つけるために、とっかかりとなる目印を与える。断片的な目印から、直感が全体を補完する。逆にそういう補完現象が起きるような目標を用意すること。
  • 頭の中に残っている流れ曲線をあてにした方がうまくいく場合が多い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です