色についての理論

Devin Korwin氏(@devinkorwin)の色についての解説ツイートより。

 

Part 1

Thread on color in painting! This will be a 3-part series with everything you ever wanted to know about color. What actually is color, and how do we use it? How come it is so hard to make a painting look natural if we start in black and white and then add color after?

絵画における色に関するスレッド! 今回は、色について知りたいと思っていたことを3回に分けて紹介します。色とは何か、どうやって使うのか?白と黒で描いた後に色を加えると、自然に見えるようにするのはどうして難しいのでしょうか?



Let’s start at the beginning with the basics in this thread. First, color is a 3D space that you could imagine yourself walking around in. We know this because there are 3 variables. If we plot only 2 of them, for example value and saturation, we can easily see that this is 2D.

このスレッドでは、最初に基本的なことから始めてみましょう。まず、色とは自分が歩いている姿を想像できる3D空間のことです。これは3つの変数があるからです。例えば、色価と彩度の2つだけをプロットすると、これが2Dであることが簡単にわかります。


This 2D space is familiar to us, we see it in the Photoshop/Procreate color picker. Once we add a third variable, hue, we have depth to our graph. Value is the amount of light, saturation is the purity of the light, and hue is the wavelength of the light (more on this later).

この2D空間は、Photoshop/Procreateカラーピッカーで見慣れたものです。3番目の変数である色相を追加すると、グラフに深みが出てきます。色価は光の量、彩度は光の純度、色相は光の波長です。


In this 3D space, hue loops around the outside. In Photoshop, hue is laid out as a strip, but it could be thought of as a continuous color wheel. When we change just value and saturation we are exploring a flat 2D plane, and when we move the hue we are moving through 3D space.

この3D空間では、色相が外側にループしています。Photoshopでは、色相は帯状に配置されていますが、連続したカラーホイールと考えることもできます。色価と彩度だけを変更すると、平面の2D平面を探索していることになり、色相を移動すると3D空間を移動していることになります。


By lowering saturation, we are actually adding in the opposite, or complement, of the color. If we add blue to a pure yellow, it desaturates and passes through the land of grey, and then comes out the other side of the color world until eventually we get to a pure blue.

彩度を下げることで、実際には色の反対側、つまり補色を加えていることになります。純粋な黄色に青を加えると、彩度が下がって灰色の地を通り、色の世界の反対側に出てきて、最終的には純粋な青になります。

By desaturating blue, we are adding yellow, and thus making it warmer. This is why a greyer version of yellow is cooler, even though it is still technically a yellow hue. Temperature is relative, so we are comparing two colors to each other.

青を脱色させることで、黄色を加えているので、より温かくなります。これが、技術的にはまだ黄色の色相であるにもかかわらず、灰色寄りの黄色がより冷たい理由です。温度は相対的なものなので、2つの色をお互いに比較しています。

If we have a yellow object reflecting red light, we can walk around the edge of the world instead of going through the center. Instead, we could shift the hue and move through the oranges. It might even desaturate a bit because it is losing purity from the light mixing.

赤い光を反射している黄色い物体があれば、中心を通るのではなく、世界の端っこを歩くことができます。その代わりに、色相をずらしてオレンジの中を移動することができるかもしれません。光の混ざり合いで純度を失っているので、少し脱色してしまうかもしれません。

How do we know how far to move through the 3D color world? This depends on the materials and the intensity of the light. All that we see is due to reflection, materials determine the properties of it. A chrome sphere will strongly reflect the color of a blue light source.

3Dカラーの世界をどこまで移動するかは、どのようにして知ることができるのでしょうか?これは、材料と光の強度に依存します。私たちが見ているものはすべて反射によるものであり、材料はその特性を決定します。クロムの球体は青い光源の色を強く反射します。

A strong blue light on skin, with its unique material properties, will have the resulting color be pulled to the color of the light source but not all the way, resulting in pinks.

皮膚に強い青色の光を当てると、独自の材料特性を持っているため、結果的に光源の色に引っ張られてしまいますが、完全にではなく、結果的にピンク色になります。

Part2

Thread on color in painting part 2! How do we know how to confidently decide on colors in the infinite lighting situations that we can imagine? We’re going to dive deeper this time into how light works, and what determines the color we actually see when light reaches our eyes.

ペイントにおける色に関するスレッドその2! 私たちが想像できる無限の光の状況の中で、自信を持って色を決めるにはどうしたらいいのでしょうか?今回は、光の仕組みと、光が目に入った時に実際に見える色を決めるものについて深く掘り下げていきます。

First, materials. They all reflect the scene, just differently. Diffuse materials absorb/scatter some wavelengths beneath the surface while reflecting the rest, some metals reflect all of the light, and others are colored due to uneven absorption and emission by their electrons.

まず、物質。すべての物質は背景を反射しており、単にその方法が異なるだけである。荒い物質は 表面下のいくつかの波長を吸収/散乱し 残りを反射しています。 ある金属は すべての光を反射しています。 別の金属は内部の(自由)電子による光の不均一な吸収と放出のために 着色されています。

The more pure and strong the reflection of the light source, the further the shift in color towards it. The direction of hue shifting depends on the material. A yellowy-green grass will travel through the greens when reflecting the blue sky, while skin will go through the pinks.

光源の反射が純粋で強いほど、その光源の色に向かって色がシフトしていきます。色相がシフトする方向は、物質によって異なります。青空を反射しているときは、黄緑色の草は緑を通り、肌はピンク色を通ります。

By knowing the material, the environment, and 3D structure of what we are drawing, we can make a good guess as to the colors. All color is due to reflection. Imagine what each plane “sees.” When a surface is no longer “seeing” the light source, it turns into shadow.

描いているものの素材や環境、立体構造を知ることで、色を推測することができます。すべての色は反射によるものです。それぞれの面が何を「見ているか」を想像してみてください。ある面が光源を「見て」いなくなると、影になります。

In this first example, the planes being lit are “seeing” and reflecting a light source that is relatively colder than the indoor environment. In the second, with sunlight, the white light of the sun looks warm compared to the blue influence of the sky. (sunlight is not yellow!)

この最初の例では、点灯されている面は、室内環境よりも相対的に寒い光源を「見て」反射しています。2つ目の例では、太陽の白い光が空の青の影響に比べて温かく見えます。(太陽光は黄色ではありません!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です