骨盤周辺の構造を把握する

骨盤という土台に、胴が安置されていて、その骨盤の周りに脚が張り付いているという構造がよく分かる写真。

構造を理解するには、まず大雑把にパーツに分けてみると良い。いきなり細かい筋肉の構造に立ち入って考えると、全体を見失ってしまう。ただどんなパーツに分けるかが大事なところで、それを見つけるのが難しい。

骨盤は前から見ると、空いている。後はしっかり覆われている。

これによって骨盤の見かけの高さが前後で異なって来る。

ここに気がついたのはでかい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です