2019/03/16 唇の形が難しい

何となく物体の立体的な描き方というものが分かってきた。

まず基本的な図形を用意して、それに沿って部品を配置してゆく。顔の場合それは球。まず物体を立体的に描けるようになったら、次はそれぞれのパーツの形状を覚えること。またその相対的な配置についても理解する必要がある。

あと、少しずつ描き加えるというのが結構使える。

  1. 物体を立体的に描くためには、それらが持つ基本的な形状に沿ったものとして捉える。
  2. 少しずつ描き加える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です