色の研究

9/3
色は考えれば考えるほど奥が深い。例えば↓の写真をじっと見ていると、微妙に緑色が含まれていることに気がつく。顔=肌色という大雑把な認識からは到底想像できないことだが、現実はそうなっている。色について真面目に考えないと、そもそも認識の解像度が足りていない。

色の不思議さは、そのメカニズムを理解することで統一的に理解できる。そのあたりは陰影をつける時と同じこと。固有色に対して、照明の色、その強さによって最終的な色味が決定される。

タイトルとURLをコピーしました