印象を捉えることが大切

絵というのは様々な要素から成り立っている。例えば顔の絵を考えてみると、目や鼻、口といった個々のパーツがある。しかし、それらのパーツが適切な配置をされていなければ、福笑いになってしまう。

重要なのは個々のパーツよりもそれらがどのように配置されているかである。

したがって絵を描く時に最も重要なことは、絵全体を眺めて、それが魅力的かどうか考え続けることである。細部の完成度よりも、絵の与える印象の方が遥かに重要である。

自分が表現したい、描きたいと思った印象が、果たして自分が現在描いている絵で表現ができているのかと問い続けることが大切である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました